ふくいのまちに、ゆるくて楽しい公共を。

ゆるパブ 一般社団法人ゆるパブリック

マスコット

「公共」って、なに?

公共はみんなのものっていうけれど、いったいどこにあるの?さがしても、うまく見つけられないよ。えらい人がまとめて持っているのかな?

さぁ、幻の公共をさがしにいこう!

一般社団法人 ゆるパブリックのポリシー

  • ゆるい市民の出番!

    プロや大人たちはもちろんのこと、
    地域活動に興味も感心もなかった
    ふつうの市民たちも、かるい足どりで参加して、
    まちを楽しめる。

    だって、それが公共だから!

  • くだらなくたっていいよね

    活動の価値なんて、誰が決めるの?
    神様?仏様?えらい人?
    みんなに会いたくって、楽しくって、
    夢中になっちゃう。
    そんな場所がたいせつ。

  • 過去や常識にしばらればい

    じだいは絶えずながれていく。
    過去の栄光や常識にすがりたい気持ちも
    あるけれど、失敗して凹んだりしながらでも
    前にすすまなきゃ、
    僕たちの未来はこないよね。

  • まずはおしゃべりから

    むずかしいこと、言わなくていいよね。
    ふだん思っていることを、
    立場とか世代とか関係なく、
    みんなでなんとなくおしゃべりしながら、
    ちょっとずつ共有していこう。